お知らせ

2017/03/24【対談記事01】『だってたのしくたべたいんだもん!』キャリル.ハートさん&呉藤加代子さん

みなさん、こんにちは。

本日は『だってたのしくたべたいんだもん!』の著者キャリル・ハート(Caryl Hart)さんと、

翻訳者の呉藤加代子(Goto Kayoko)さんの対談記事第一弾をご紹介いたします。

お楽しみください!


記事については、日本語とEnglishでお楽しめます。

【対談記事】『だってたのしくたべたいんだもん!』キャリルさん(文)&呉藤さん(訳)
Q1(呉藤加代子): 絵本を目にしたとき、表紙のコピーに導かれるように一読して思わず大笑いしてしまいました。 

cheeky(ちゃっかり)なエンディングがおもしろおかしくて、主人公のケイトちゃんは英国の子供 らしいなあと思って。
ホントに楽しい絵本ですね。

A1(キャリル・ハート): 絵本を気にいって、おもしろく思ってくださって、とても嬉しいわ!
主人公のケイトは娘が7、8才 の頃のお話がもとになっているの。

本当にチップス(揚げたてフライドポテト)を飲み物にちょこ んとつけていたのよ!
「どうしてそうするの?」と聞いたら「アツアツだから、冷ましているの」 ですって。
娘にとってはごく自然なことだったみたい。 それで考えさせられたわ。
大人のルールって子どもにしてみれば、すごくヘンなのね、って。

『だってたのしくたべたいんだもん!』の著者キャリル・ハート(Caryl Hart)さんと、

翻訳者の呉藤加代子(Goto Kayoko)さんの対談記事はこちら


【対談記事】『だってたのしくたべたいんだもん!』キャリルさん(文)&呉藤さん(訳)

K1(Goto Kayoko): When the first time I read the book through, I found myself having a hearty laughter unconsciously. 
The story is hilarious! The Cheeky ending is so pleasant and Kate is really like a British Child! Could you tell me 
some comments on my remarks?

C1(Caryl Hart): I'm so glad you liked the book and found it funny! The character is based on my daughter 
who was around seven or eight years old at the time. 
She actually did dip her chip in her drink! When I asked her why, she said it was too hot and she was cooling it down. 
In her mind, it was a very sensible thing to do, and it made me think how silly some of our adult rules must seem to a child. 
 

『だってたのしくたべたいんだもん!』の著者キャリル・ハート(Caryl Hart)さんと、

翻訳者の呉藤加代子(Goto Kayoko)さんの対談記事はこちら

★書籍情報★


 

原書:Don’t Dip Your Chips
        
タイトル:だって たのしく たべたいんだもん!


定価:1,500 円+税


著者:キャリル・ハート(作)

    リー・ホジキンソン(絵)


訳者:呉藤加代子(ごとうかよこ)


出版社:バベルプレス


判型:32.0✘23.0✘1.0僉幣綫宗


頁 : 32ページ


ISBN:978-4-89449-161-8


詳しくはこちら→http://www.babelpress.co.jp/shopdetail/000000000872/


最後までお読み頂き有難うございました。