• トップ
  • 新刊
  • 『グリニッジ大冒険』〜時が盗まれた〜(全国書店、ネット書店で発売中!!)

『グリニッジ大冒険』〜時が盗まれた〜(全国書店、ネット書店で発売中!!)

商品名 : 『グリニッジ大冒険』〜時が盗まれた〜(全国書店、ネット書店で発売中!!)

価格 : 1,700円 (税込 1,836円)

著者:ヴァル・タイラー、訳者:柏倉美穂、北村ルミ子、西川真由美、花井千佳、安井ルイ、監訳:近藤裕子

ショップポイント : 170

数量 :


★NEWSリリース★
(2011/1) 1/20 『グリニッジ大冒険〜時が盗まれた!』バベルプレスより発売!!

 



【バイリンガルリーディングのすすめ!!(原書+翻訳書)】作品の原書と翻訳書を読み比べてみて下さい。新しい楽しみ方が見つかります!!
↓↓↓

★原書購入はこちらから The Time Wreccas (Greenwich Chronicles) ★

★メッセージ★

 


★内容★

本初子午線という言葉をご存知ですか? 
イギリスのグリニッジ公園には昔の王立天文台が残されていて、そこを通る子午線のことです。

この子午線を基にして地球上の経度が測定され、世界各地の時間が決められています。グリニッジ時間が世界標準時といわれるのはそのためです。


つまり、グリニッジは地球上のすべての人間にとって「時のふるさと」のような場所なのです。
この物語はそのグリニッジではじまります。といっても、人間が定めた標準時のルールにまつわるお話なんかではありません。

物語に登場するのは、人間の目には見えない二つの種族、トキモリ族とオチコボレ族です。実は、地球のみんなのためにひそかに時を守ってくれているのがトキモリ族なのです。

トキモリ族の長老ティムは、時をつかさどる{魔法/まほう}の〈大時計〉の作り手で、ティムの{工房/こうぼう}はグリニッジ公園の大きな木の中にあります。


ところが、トキモリ族と敵対するオチコボレ族が、
新しい〈大時計〉から爛船奪タック瓩髻佚陝燭未后僂濬个靴討靴泙い泙后さあ、大変! 爛船奪タック瓩蓮丗膸計〉の心臓部分なので、とりもどさないと、時は永遠に止まってしまいます。(詳しくはこちら


★目次★

  
1.
おわりのはじまり 2.スノット<上界>へ行く 3.秘密の場所 4.<大会議>

    5.暗やみでバッタリ 6.スノットの迷い 7.新しい旅立ち 8.ゲートを越えて

   

    9.シェルドン・クロー 10.<下界>の扉 11.逃亡 12.敵と対面 13.それぞれの朝

   

    14.公園を去る準備 15.オールド・キルジョイの足もとで 16.トンネルの奥の光

   

    17.ソフィの計画 18.地図 19.思いがけない出会い 20.つかのまの地上

   

    21.ソフィお嬢さんは<上界>警備隊長 22.けだもの 23.勇気ある行動

   

    24.探し出せgu 25やっと見つけた 26.ティーダ ハルダス アラ ブルカス

   

    27.わが家 28.はじまりのおわり


★書誌情報★

原書:The Time Wreccas

タイトル:グリニッジ大冒険〜時が盗まれた!〜
訳者:柏倉美穂、北村ルミ子、西川真由美、花井千佳、安井ルイ

監訳:近藤裕子


ISBN:978-4-89449-110-6

出版社:バベルプレス

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません