• トップ
  • 歴史
  • 『南北戦争記〜この一冊で南北戦争の全容がわかる!〜南北戦争から150年の節目の年に満を持して出版!』

『南北戦争記〜この一冊で南北戦争の全容がわかる!〜南北戦争から150年の節目の年に満を持して出版!』

商品名 : 『南北戦争記〜この一冊で南北戦争の全容がわかる!〜南北戦争から150年の節目の年に満を持して出版!』

価格 : 1,600円 (税込 1,728円)

著者:ブルース・キャットン、訳者:益田 育彦、監訳:中島 順

ショップポイント : 160

数量 :

★NEWSリリース★

(2011/6) 【7/11〜7/31】三省堂神保町本店(4F/人文書フロアー)で開催される【四六版宣言フェアー】に南北戦争が展開されます!

(2011/6) 
6/12(日)発行の神奈川新聞、読書欄にて、『南北戦争記』が紹介されました!

(2011/3)  『『南北戦争〜この一冊で南北戦争の全容がわかる!〜南北戦争から150年の節目の年に満を持して出版!』〜バベルプレスより発売!〜


【バイリンガルリーディングのすすめ!!(原書+翻訳書)】作品の原書と翻訳書を読み比べてみて下さい。新しい楽しみ方が見つかります!!
↓↓↓


★原書購入はこちらから The Civil War (American Heritage Books) ★

★内容★


 


 誰でも一度は「南北戦争」ということばを聞いたことがあるでしょう。ではその内容はご存知でしょうか?「奴隷制度が引き金になった戦争」、「北軍が勝利したあとリンカーンが暗殺された」、「映画『風と共に去りぬ』の舞台」など、大まかなエピソードはわかっているけれど、全体の内容まではわからない、という人は多いはずです。

このように、南北戦争は全体像がつかみにくいと一般的に言われています。本書は教科書に収まりきらない、政治、経済、社会など、あらゆる側面が詳細に書かれている通史となっているので、この時代のアメリカ史に明るい方でなくとも、南北戦争の内容や背景をこれ一冊で知ることができます。

 作家は、南北戦争歴史家として著名なアメリカ人ジャーナリスト、ブルース・カットン。南北戦争に関する多くの作品を残し、本書の原著“The Civil War”は出版されてから50年以上たった今も、本国では高い評価を受けています。

念入りに調査され、細かな情報を織り交ぜた、洞察力に優れた本作は、学術的でありながらも、わかりやすく読んでいただける内容になっています。

 
【本書 4章 本格的戦争より イメージ】



【本書 9章 南部連合最後の好機より イメージ】


【本書 10章 軍隊より イメージ】


【本書 12章 奴隷制度の崩壊より イメージ】



【本書 18章 終わりと始まりより イメージ】


★著者★

ブルース・キャットン(Bruce Catton)サイト

□1899年10月9日-1978年8月28日□

米国人ジャーナリスト 南北戦争歴史家 
 
著書『A Stillness at Appomattox(アポマトックスの静寂)』でピュリッツァー賞受賞
綿密な歴史分析と事実にもとづいた本原書『The Civil War』は、出版から50年以上経った今も高い評価をうけている


★書誌情報★

原書:The Civil War

タイトル:『南北戦争記』 〜この一冊で南北戦争の全てがわかる!〜南北戦争から150年の節目の年に満を持して出版〜

著者:ブルース・キャットン

訳者:益田 育彦

監訳:中島 順

ISBN:978-4-89449-113-7

出版社:バベルプレス

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません