拡大主義への決別〜真の成長を実現する革新思考〜 

商品名 : 拡大主義への決別〜真の成長を実現する革新思考〜 

価格 : 1,800円 (税込 1,944円)

著:ロバート・M・トマスコ 訳:小西恒彦

ショップポイント : 180

数量 :


【バイリンガルリーディングのすすめ!!(原書+翻訳書)】作品の原書と翻訳書を読み比べてみて下さい。新しい楽しみ方が見つかります!!
↓↓↓


★原書購入はこちらから Bigger Isn't Always Better: The New Mindset for Real Business Growth ★

★NEWS★


 

(2010/5)週刊ダイヤモンド2010/5/29号の書評欄に「拡大主義への決別-真の成長を実現する革新思考-」(バベルプレス刊)が紹介されました。

(2010/4) 拡大神話は壊れた!企業に問われているのは真の成長!『拡大主義への決別〜真の成長を実現する革新思考〜』バベルプレスより発刊

★内容★

本書は、企業の経営者・中堅幹部・幹部候補生など自分が所属する企業や業界の成長に関心がある人に是非読んでいただきたいとおもってます。非営利企業であっても、組織の幹部としてその組織の成長と発展を志している人に。

昨今の金融・経済の不況により、世界を席巻していた「企業は大きくすることが成長である」という神話が崩れました。これは、今後を生き抜くための「真の成長とは何か」を問いかけています。真の成長を成功させた人たちには「成長とは、大きくなることではない」という共通概念があります。

実際の成功例が、豊富な資料や物語として盛り込まれているので、読む人の脳裏に強くしみ込んでいきます。今の時代に最も相応しい経済・経営書です。


★著者★

ロバート・M・トマスコ(サイト)

 
トマスコ氏は、経営コンサルタントのArthur D.Littleで15年、Mercer Management Consultingの前身でパートナー、現在はBain&Co Japanの社外アドバイザーを務める。手がけたクライアントの業種は、バイオテクノロジーから鉄道企業まで幅広い。具体名では、コカ・コーラ、エクソン、マリオットのほか、トヨタ、宇部興産、ヤマハなど日本企業も数多い。現在は、ケース工科大学で科学の学士号、ハーバード大学院教育学研究から修士の学位を務め組織行動研究をしています。

★訳者★

小西恒彦 → 東京出身、1936年生まれ。一橋大学卒業。

三井物産蠅肇ャノン蠅剖侈魁9馥皹超函海外の市場開拓・企画・営業に従事。

1999年3月に新東貿易株式会社を設立し現在に至る。

2006年にバベル翻訳大学院(USA)に入学し、現在同大学院に在学中。

同年に”
Fodor's Guide to Da Vinci Code”『ダ・ヴィンチ・コード謎の旅ガイド』

バベルプレス)を共同出版する。


★小西さんからのおすすめ★

本書は、企業の経営者・中堅幹部・幹部候補生など自分が所属する企業や業界の成長に関心がある人、ビジネスにおいて成長に貪欲な30代-40代のビジネスマンに是非読んでいただきたいと思ってます。また、非営利企業であっても、組織の幹部とそしてその組織の成長と発展を志している人に。

昨今の金融・経済の不況により、世界を席巻していた「企業は大きくすることが成長である」という神話が崩れました。これは、今後を生き抜くための「真の成長とは何か」を問いかけています。


★書誌情報★

原書:Bigger isn't always Better

タイトル:拡大主義への決別

著者:Robert M.Tomasko

訳者:小西恒彦

ISBN:978-4-89449-094-9

出版社:バベルプレス

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません